実施行事内容

8月 9日・10日

 ・御先祖様のお迎え行事

 ・水子供養

 ・初盆供養

 ・お迎鐘


時間は、朝7時から夜8時までとなっております。
ご予約は不要です。お気軽にお越し下さい。

8月 16日

盂蘭盆精霊お送り回向を行っております。


お盆とは

  お盆とは梵語(古代印度語)のウラバーナー(盂蘭盆)を略してお盆といいます。
 意味は倒懸という逆さにつるされていることです。死者が死後逆さにつるされているような非常な苦しみを受けているのを救う為に祖先を始め、各霊を供養する法会を指す行事です。





  盂蘭盆経というお経に「お釈迦様の弟子の目連尊者が通力をもって尊者のお母さんは今どうしているかと観察されたとところ、母は餓鬼道に落ちて逆さにつるような苦しみを受けている姿を見、驚いてお釈迦様にこれを救う方法を尋ねられ、お釈迦様の教えにより、七月十五日に祖先を始め三界各霊に供養され、この功徳でお母さんを極楽へ救われた」ということが説かれていることから、お盆という仏事になりました。 お盆を機縁として私達は知らず知らずに犯している罪深い自分を反省し仏様に感謝し、今日の自分を考え先祖様を思い出し供養する仏教週間です。

  お盆は日本では斉明天皇の三年(六五七年)以来行われ、江戸時代には7月十三日から十五日まで盂蘭盆として、現在まで千百年余りの間、国民的年中行事として広く行われ、暑い夏の行事として人々の間に親しまれ、今日に至った由緒深いものです。関西では旧暦により、八月十三日から十五日までをお盆となっております。

  お盆は祖先の精霊を迎え、これを縁とし父母や親類縁者の恩を感謝し冥福による今日の生活を喜び感謝することが本義でしょう。

  合掌

お問い合わせ

〒612-8101
京都府京都市伏見区観音寺町201番地
Tel:075-611-4523



行事案内/カレンダーへ戻る